エンジョイ・サーカス
 
買物かご
クッキング
カルチャー
ファッション
スクール
バラエティ
サークル・クラブ
 
この品・この人・この所品・人・所
くちこみくちこみ
楽しいアロマ楽しいアロマ
製品・サービスモニター製品モニター
体験プレゼント体験プレゼント
イベント案内イベント案内
メンバー登録メンバー登録

Google


ウェブサイト証明書

 

いい品、いい人、いい所、発見。いい出会いを楽しむ。

サイト案内 お問い合わせ ホーム

まだもう少し、寒い日が続きそうです。そこで今回は風邪、インフルエンザ対策と花粉対策などに役立つ精油とその活用法をご紹介します。

風邪、インフルエンザ対策
☆芳 香 浴 芳香拡散器<アロマランプ、オイルウオーマーなど>で精油を温めて香りをただよわせます。また、外出先ではハンカチなどに精油をしみ込ませて時々、嗅ぐのもいいでしょう。

部屋の広さに応じて精油を1〜5滴位ポットに落とします。
何種類かの精油を合わせて用いるとより効果的です。
ローソクを使うタイプはそばに燃えやすい物を置かないように、また、水をお皿に入れますので空焚きに注意して下さい。
蒸気の出るタイプ(ディフューザー)は加湿効果があるので風邪気味のときにいいと思います。

役立つ主な精油 (抗ウィルス、免疫力アップの精油を選びます)
ユーカリ,ティートリー、ペパーミント、ローマンカモミール、レモングラス、レモン、サンダルウッド、ラベンダー、ベルガモット、フランキンセンスなど

☆足   浴
(フットバス)
洗面器などに熱い目の湯(40度位)を入れ、精油2〜3滴落として足首まで浸けて温めます。汗を出した方が楽になる風邪に。
手を浸ける<手浴>も同じ効果があります。
なるべく、冷めない様に差し湯をして温度をキープして下さい。
10分〜15分位ゆっくり、浸かりましょう。



役立つ主な精油 (発汗作用のある精油を選びます)
ジュニパー、スィートマジョラム、オレンジスィート、メリッサ、バジルなど
*発熱には解熱作用のあるペパーミント、ベルガモット、ユーカリなどの冷湿布(冷水に精油2~3滴入れ、浸したタオルを額にあてる)も効果的です。

☆吸 入 法 洗面器やマグカップにぬるめ(40度位)の湯を入れ,精油2〜3滴落として2~3分間蒸気を吸い込みます。喉の痛みや不快感を和らげてくれます。
蒸気が逃げない様にバスタオルでおおうといいでしょう。
ユーカリなどの精油は熱い湯にすると刺激が強いので注意して下さい。
目は必ず,閉じて行って下さい。
喘息やひどい咳の時はしないように注意して下さい。
役立つ主な精油 ティートリー,ユーカリ、ラベンダー、レモングラス、レモン、サンダルウッド、ニアウリなど

☆トリートメント 植物油(キャリアオイル)に精油を入れて希釈濃度1%の<ブレンドオイル>を作り、軽く胸に擦り込みます。軽い咳や喉の痛い時に吸入効果があります。
!精油は必ず、植物油などで希釈(薄める)して使用します。

*ホホバオイル約20mlに精油3〜4滴(2種類以上合わせる場合は合計で)入れて、軽く混ぜ合わせて擦り込みます。
*植物油は一回分10mlあれば十分間に合うと思います。


希釈濃度1%以下が安全です。
精油1滴=約0.05ml
キャリアオイル10mlに精油2滴で1%濃度になります。
子供はその1/10〜1/2位にします。
3才未満は芳香浴以外はしないように。

役立つ主な精油 ユーカリ,ティートリー,ローズマリー、レモンなど
キャリアオイル どんな肌タイプにも合う,ホホバオイルが使いやすいと思います。
マカデミアナッツオイルもおすすめです。
ブレンドオイルは長期保存が出来ないので(冷暗所で約2週間)作り過ぎないようにして下さい。
食用油は添加物が含まれているので、アロマテラピーでは用いませんので注意して下さい。

*精油や植物油はハーブショップや雑貨店、デパートの雑貨売り場などで購入出来ます。
精油はポプリ用(合成香料)などと間違えない様に!
たいてい専門のアドバイザーがいますので、いろいろ尋ねてみるのもいいと思います。

!後は風邪にかかったら、無理をしないで体を温めて、ゆっくりと休むことが大切です。


花粉対策

☆吸 入 法 ペパーミントやユーカリの吸入が効果的です。

刺激が強い精油なので、ぬるい目の湯で行って下さい。
粘膜の鬱血にベンゾインも有効です。

☆湿 布 法 洗面器などに入れた熱い湯の中に、ラベンダーを1~3滴落として、タオルを浸してしぼり、首、鼻、後頭部などに当てます。
頭痛や頭の重いときに。
温湿布は長期化した慢性的な痛み、冷湿布は急な痛みの軽滅に役立ちます。

☆芳 香 浴 ラベンダー、ペパーミント、ティートリー、ユーカリ、レモン、ベンゾイン、ローマンカモミールなどが役立つ事と思います。
外出する時などはハンカチに2~3滴含ませて、時々嗅ぐ様にしてもいいでしょう。

<風邪、インフルエンザ>を参照してください。
aya